200万人以上を選ぶ

ログインの数も大事

利用者数が多いかどうかというのも非常に大手企業の優良サイトかどうかを判断する上で大切な要素になってきます。やはり利用者数が多いということはそれはユーザーが実際に利用して出会えているからこそ利用しているわけですよね。

どんな企業であろうとサービスであろうと利用者数というのは信頼されている企業のバロメーターですよね。利用者数が多ければやは悪いことをして稼ぐよりもこの利用者数をさらに伸ばすために健全な出会いを応援をしたほうがリスクもないですし、出会えると話題になれば利用者数もさらに伸びてきます。

またまじめに出会い系サイトを運営をしているからといって優良というのは判断基準にはならないのです。

例えばまじめに企業が運営をして出会いを真剣に応援していても利用者数が少なかったら出会うチャンスというのはないですよね。極端な話一人しか利用者がいなかったらまじめに運営をしていても出会えないサイトとなるわけです。

出会い系サイトはやはり出会えないと意味がありません。利用者が多ければ出会えるチャンスも広がっていくわけですから利用する価値があるのです。

では具体的な数字でどれくらい利用者がいればいいのかというとやはり最低累計利用者数として200万人以上いるところをボーダーとしましょう。200万人以上の数というのはやはり広告展開をしっかりと行っていてリピーターがいないと成り立たない数字です。

また累計の会員数だけではなくてやはり一日のログイン数も判断材料にしましょう。一日平均20万人以上利用者がいるところを選ぶようにしましょう。

累計200万人以上、平均ログイン数20万人以上のどちらも当てはまるところを選べば間違いありませんね。