相手に見てもらえる方法とは

奥が深いメール

メールの重要性について紹介していきたいと思います。メールなんて文章を自分で適当に思ったことを書けばいいんでしょ?って思うかもしれませんがそんな単純なことではありません。

実はかなりメールと言うのは難しいものなのです。実際に出会って仲良くなってからメールの交換をしたりしますよね?職場や習い場などで話して仲良くなってからメールをすると言うケースがほとんどだと言えます。

しかし、出会い系サイトに関してはまずはメールからスタートして仲良くなると言う全く逆のスタイルなのです。打ち解ける前からメールでいかに相手の心を掴むかが非常に重要なのです。ましてや職場や学校などであれば次の日も会うことがあるのでゆっくりとゆっくりと距離を縮めていけるのでどんどん仲良くなっていきます。

逆にメールから入る場合はちょっとしたことでまだ会っていないんだから無理して相手と合わせなくていいんだからもういいや!面倒だから相手にしないようにしようと言うことが結構起こるのです。実際は相手に次の日も会うのであれば会社内も円滑に進めたいと言うことで多少は相手してくれると思いますが出会い系サイトではかなり難しいのです。

ですから基本的に相手に嫌われるようなメールは送らないようにしなくてはいけません。メールを簡単だと思っている人はかなりてこずると思いますので覚悟しておきましょう。またもとから苦手だと言う人は苦手意識が先行してしまいがちでもありますが主にコミュニケーションをとる方法はメールですのでやらなくてはいけないものとして認識しましょう。

ではどういった感じのメールを送ればいいのかということになると思いますが、基本的に当事者同士でしか趣味の話も違いますし価値観も違いますので一概にコレ!というものは存在しません。

しかし相手が送られたら面倒だなぁ~と思ったりやり取りしたくないなぁ~っていうのは得てして共通しているものがあります。

嫌われるタイプと同じようなもので、メールも共通しているのです。では嫌われるメールの内容と言うのはどういったものでしょうか?

一つは長文です。これは見ているだけでも疲れてしまいますし、返信するのも多く返さなくてはいけないのでは?というプレッシャーがありますので何度も長文でおくのはやめましょう。

次にギャル文字や絵文字です。出会い系サイトを利用している人はある程度未成年ではないと言うことで分別のつく大人だと言えます。にもかかわらず絵文字ばっかりだったりで送られるとその人の人間性が疑われます。ましてやいい年こいた男性が送ってきたら引かれるものです。

次に打ち間違いです。適当に打っていると思って心がこもっていない様にとらえられてしまいますので打ち間違いの有無がないかだけ確認しましょう。