焦ってはいけない

難しい文章に惑わされない

悪徳業者のサクラが送るメールとして利用者に架空の請求を送るメールがあります。これはインターネットが不得手な人だったり、年輩の方がよく分からずに払ってしまったり、不安になってしまってついつい払ってしまうということが結構多い様です。

出会い系サイトを利用していたらいきなりメールで支払い請求メールが来てしまったら誰だってビックリしてしまうと思います。インターネットが得意で調べればすぐに対処できるという人でも一瞬ドキッとしてしまいます。

公共料金のような請求メールで来たり、弁護士が作ったような難しい文章であたかも本物っぽく書かれているメールが来てしまったらビックリしてしまいますよね。

しかし、基本的にそういったメールが来ても慌てずに冷静に対処してください。まずはそういったメールが来て身に覚えがないのであれば払ってはいけません。

公共料金ですらメールで料金の催促をするようなところはないですよね。基本的に料金の支払いと言うものは溜まっていれば書面として届きますよね。

身に覚えのないもので支払い催促がメールが届いても書面で届くまでは払わないという気持ちでいましょう。

それでも不安だという人はインターネットでそのメールに書かれている会社名や電話番号などを検索してみましょう。悪徳業者とか書かれている場合が大概ですのでそういったことが書かれていたら払ってはいけません。

難しい文章だからと言って騙されないようにしてください。