どんな会社が確認する

専用のページを設ける必要がある

人は悪いことをするときに堂々と悪事を働きませんよね。それは会社でも同じことです。誰にも自分のことを知られずに騙したいと思うわけですからあまり会社の情報を公開したがりません。

出会い系サイトの悪徳業者の場合は利用者を騙すつもりで運営をしていますよね。利用者からのクレームが来たり、騙されていることに気付いた利用者が警察や消費者センターに通報したら調査が入ります。

悪徳業者は自分の情報を公開しないことで少しでも長く多くの人を騙そうとするわけです。しかし、これも法律で必ずインターネットサービスを運営をする際には自分の会社の情報を公開しなければいけないという決まりがあります。

専用の会社ページを掲載して会社名や資本金、住所や電話番号を載せないといけないわけです。これを守っていないと言うことは負い目を感じながらサイトを運営しているということでもあります。

むしろ優良の出会い系サイトの会社情報ページを見てみたらどれだけ健全に出会いを応援をしているのかと言うアピールをするページとなっています。

どんな広告を載せたのか?どんな運営をしてきたのかと言うことをしっかりと伝えるページとして掲載を大々的に掲げているところもあります。

利用者も自分が利用する出会い系サイトがどんな会社が運営をしているのかどうかを確認しないのはまずいです。どれも一緒でしょ?って思っていたら痛い目を見てしまいますので気をつけるようにしましょう。